コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビットマップ画像 びっとまっぷがぞうbitmap image

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ビットマップ画像

ドットの集まりで表現される形式の画像。画像を構成する各ドットとメモリー内の何ビットかが対応し、それがどのように配置されているかを記憶したもののこと。ベクター画像とは異なり拡大するとドット自体も拡大されるため、曲線部分にジャギーと呼ばれるギザギザが出てしまう。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ビットマップがぞう【ビットマップ画像】

コンピューターで扱う画像の表現形式のひとつ。画像を色の点の集まりで表現する。画像の縮小・拡大・変形には向かないが、写真などの複雑な画像の表現に適している。◇略して「ビットマップ」ともいう。また、「ビットマップ形式」「ビットマップイメージ」「ビットマップグラフィックス」「ラスター画像」「ラスター形式」「ラスターイメージ」「ラスターグラフィックス」ともいう。⇒ベクター画像

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

ビットマップ画像の関連キーワードMacromedia FireworksSPECULAR Collage精密ビットマップアラインメントアンシャープマスクFLICファイルアドビシステムズbitbltベクタ画像BMP形式ラスタ画像ラスターTIFFRIP解像度PNGLRGGKS

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android