ビュリダンのロバ(英語表記)Buridan's ass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビュリダンのロバ
Buridan's ass

同質同量の2つのまぐさの中間に置かれたロバは,どちらをとるべきか決定できずに餓死するという話。 J.ビュリダンがいったこととして有名だが,そのままの形では彼の著作には見出されない。この比喩自体は古くからあり,アリストテレスの『天体論』では犬を例として語られていて,ビュリダンはこの書の注解を残している。これはおそらくビュリダンの自由意志論を揶揄してほかの人が語ったものと考えられる。ビュリダンはより大なる善として理性に提示されたものを人は意欲せざるをえないという決定論を受入れはしたが,理性がより詳細な価値の検討をする間,意志は待機することができるとした。ロバの比喩はこのような事態に妥当している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android