コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビリトゥン[島] ビリトゥン

2件 の用語解説(ビリトゥン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビリトゥン[島]【ビリトゥン】

インドネシア西部,スマトラボルネオとの間にある島。ビリトン島とも。地形は丘陵性。西隣のバンカ島とともにスズ鉱の産地として知られ,採掘はおもに中国系の労働者により行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビリトゥン[島]【Pulau Belitung】

インドネシア西部の島。ビリトンBilliton島ともいう。ガスパル海峡を隔ててバンカ島の東に接する。面積4600km2,人口約15万。地形は一般に平坦で中央に最高点タンジェム山(標高510m)がある。バンカ島を中心にビリトゥン島シンケプ島を含む島群はインドネシアのスズ群島といわれ,年産約2万9000t,世界の産額の10%を占める。ビリトゥン島では1816年以来採掘され,北西岸のタンジュンパンダンから積み出される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone