コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルゲ・ハガン Bilgä Qaghan

1件 の用語解説(ビルゲ・ハガンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビルゲ・ハガン【Bilgä Qaghan】

684‐734
突厥第二可汗帝国の第3代ハガン(可汗)。在位716‐734年。復興の祖である阿史那氏イルティリシュ可汗の長子。名は漢文史料で黙棘連(もくきよくれん)または黙矩(もくく)とされる。父の死(691)後,父の弟のカプガン(黙啜(もくてつ))・ハガンの時代にエニセイ川上流のキルギス遠征,九姓鉄勒鎮圧などに功を立て,西方地域の経営にあたった。黙啜の死(716)後,その一族や臣下を弟のキョル・テギン(闕特勤)が殺し左賢王として西方経略にあたる中で,黙棘連は推されてビルゲ・ハガンを称した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビルゲ・ハガンの言及

【突厥】より

…これ以後を突厥第二可汗(帝)国と呼ぶ。頡跌利施可汗の弟,黙啜(カプガンQapghan)可汗時代に,東は契丹,北はキルギス,西はビシュバリクのバスミルおよびイルティシュ川方面のトゥルギシュを討ち,さらに頡跌利施可汗の子ビルゲ・ハガンが直系を復活して弟の闕特勤(キョル・テギンKöl Tegin。685‐731)とともに,父の代からの功臣トニユククTonyuquq(阿史徳元珍)の助言を得ながら遊牧騎馬国家の復興を成し遂げた。…

※「ビルゲ・ハガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビルゲ・ハガンの関連キーワード運動の第二法則帝国議会突厥突厥文字可汗第二身分ケプラーの第二法則ビルゲカガンカッシニの第二法則メンデルの第二法則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone