コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハガン Khaghan

大辞林 第三版の解説

ハガン【khaghan】

古く、北方・中央アジアの遊牧国家の君主の称号。可汗。のちにはハン(中国では汗)も用いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハガン
はがん
khaghan

北・中央アジア遊牧国家君主称号。漢字では可汗と音写される。通説では、5世紀の初頭モンゴル高原に建国した柔然(じゅうぜん)の君主が採用したのが最初である。しかし、もっと古くから鮮卑(せんぴ)の族長の称号として用いられていたという異説もある。柔然ののち、突厥(とっけつ)、ウイグル、モンゴル帝国などの君主は、みなハガンと号した。このghが脱落してkhn, khanとなり、カラ・ハン朝、西遼(せいりょう)(カラ・キタイ)などの君主はハーン(カーン)またはハン(カン)と号し、中国では汗と書いた。可汗を大汗の意味に用いることもあった。可汗の夫人は可敦(カトンまたはハトン)とよばれた。[護 雅夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のハガンの言及

【突厥】より

…呼称はチュルクTürkの音訳で,〈とっけつ〉とも呼ばれる。その君主は可汗またはハガン(カガン)Qaghanと呼ばれる。その下に小可汗(小ハガン),葉護(ヤブグ)などの諸侯がいて,支配階層を形成した。…

※「ハガン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハガンの関連キーワードカン(北・中央アジアの遊牧国家の君主の称号)総合年表(北・東・東南アジア)ホショーツァイダム遺跡トン・ヤブグ・ハガンカプガン・ハガンカラ・バルガスン突厥(とっけつ)ビルゲ・ハガンカガン(可汗)イリク・ハガンビルゲ・ハガンキョル・テギンハン(ハガン)オルホン碑文ビルゲカガントゥルギシュイリ・ハガン単于都護府北アジア史トルコ文学

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android