コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビルマ舞踊 ビルマぶよう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ舞踊
ビルマぶよう

ビルマ (現ミャンマー) では劇,舞踊などを総称してポエーという。仏教国であるが,ナットと呼ぶ精霊信仰も強く,このナットを慰めたり,将来を予見するために踊られるナット・ポエーは恍惚状態になった巫女ナット・カダウが踊る。純粋に舞踊だけとして踊られることは少く,種々の演芸を取合せたアニェイン・ポエー,現代風舞踊劇ピャ・ザット,伝説をもとに伝統的な楽器編成をもつ舞踊劇ザット・ポエーなどとともに踊られることが多い。ザット・ポエーにみる舞踊は,ビルマの民族舞踊と 1767年にビルマに伝播したタイの古典舞踊,さらに西洋のバレエが融合したものといわれる。また,糸操り人形芝居ヨクティ・ポエーを舞踊化したものもある。 18世紀なかばから 19世紀なかばにかけて国王の保護を受けた宮廷仮面舞踊劇ザット・ジィーはタイから流伝された『ラーマキエン』物語を主として演じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android