コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビン・ビル・キリッセ Bin‐bir‐kilise

1件 の用語解説(ビン・ビル・キリッセの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビン・ビル・キリッセ【Bin‐bir‐kilise】

トルコ中央部コニヤの南東約70kmにあるビザンティンの都市遺跡で,修道院群の遺構で知られる。長い間放棄されていた修道院および教会堂は,20世紀初頭にG.ベル女史とW.ラムゼーによる調査報告で明らかにされた。地名は〈1001の教会堂〉の意で,ここに非常に多くの教会堂があったことに由来する。30以上の教会堂が認められ,幾つかのものは保存状態がよい。都市および修道院の状況や年代にも不明な点が多く,諸教会堂は5~6世紀と9~12世紀の2期に建造されたと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビン・ビル・キリッセの関連キーワード大雪山トゥズ湖鷲羽岳アンティパクソス島トゥンパ山マヤパンゼルベの谷チャタルヒュユクΦασηλίςマザカ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone