ビーカー文化(読み)ビーカーぶんか(英語表記)Beaker culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビーカー文化」の解説

ビーカー文化
ビーカーぶんか
Beaker culture

鐘形坏文化ともいう。新石器時代末期に,ヨーロッパに広がったビーカーと名づけられた特殊な形の土器をもった人々の文化で,初期の新石器文化に続く第2の新石器文化の波とされている。彼らは従来の新石器文化のうえに,新しい文化をつくっていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android