ビーフ

精選版 日本国語大辞典「ビーフ」の解説

ビーフ

〘名〙 (beef) 牛肉
※西洋料理通(1872)〈仮名垣魯文〉六「焼牛肉(ビーフ)二斤、馬鈴薯の煎焼したる者十二」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のビーフの言及

【肉食】より

…例外は役牛にも種牛にもならなかった雄牛で,それらは早めに去勢して肉牛として飼育された。ヨーロッパで牛肉として珍重されたのは肉質のやわらかい去勢雄牛の肉で,英語のビーフbeefの語源ともなった。そうした肉を口にできるのはごく一部の上流階級に限られた。…

※「ビーフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android