コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーン ビーン bean

翻訳|bean

1件 の用語解説(ビーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーン
ビーン
bean

油層から油やガスを生産したり,前もってその油層の生産能力を評価したりする場合に利用される坑口の流量絞り機構で,別名チョーク chokeとも呼ばれる。これには絞りの孔径が固定しているポジティブ・ビーンと絞りの孔径を変化させうるアジャスタブル・ビーンがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のビーンの言及

【ビーナー】より

…今日のビーナーは18世紀に栄えた南インド音楽の中心地タンジョールで完成されたもので,おもに南インドで古典音楽に独奏楽器として用いられている。北インドにあるビーナーは通常ビーンbīnと呼ばれ,フレットが固定された竹製の棹の両端に同じ形のふくべが共鳴体として取り付けられている。演奏はビーナーと異なり縦にかまえて,伴奏にはパカワージが用いられる。…

※「ビーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビーンの関連キーワード油砂油田ガス層採油手筈前以てたら丸ナガスクジラ油ガス頁岩シンプソン則(石油)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビーンの関連情報