コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピウ Piou, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピウ
Piou, Jacques

[生]1838. アンジェール
[没]1932. パリ
フランスの王党派政治家。オートガロンヌ県選出の代議士となり (1885~93) ,教皇レオ 13世の助言に基づき第三共和政に加担して「共和派右派」の小グループを形成。再選されて (98~1902,06~19) ,自由主義思想とカトリック教会のために活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピウの関連キーワードピルスツキ(Bronisław Piłsudski)ピルスツキ(Józef Piłsudski)エネア・シルビオ・ピッコロミニユウロピウム(データノート)コルフィニウム[イタリア]ディウィニ・レデンプトリスマルクス・アウレリウスへちまのへーたろーアントニヌスピウスアドルフ マイヤークラウディウス家アントニヌス朝ムニキピウムツバキカズラファウスチナピウスーツキトジェビーチユーロピウムピオ(2世)デケンプリミ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピウの関連情報