コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピタゴリオン Pythagoreio/Πυθαγόρειο

デジタル大辞泉の解説

ピタゴリオン(Pythagoreio/Πυθαγόρειο)

ギリシャ、エーゲ海南東部、ドデカネス諸島サモス島東部の港町。旧称ティガニ。数学者ピタゴラスの生地として知られ、1955年に現名称に改名された。紀元前6世紀を中心に僭主ポリュクラテスの下で繁栄。全長1キロメートル以上の地下導水路(エフパリノスのトンネル)やイオニア式の巨大なヘラ神殿の遺跡がある。1992年に「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。ピタゴリオ。ピュタゴリオン。

ピュタゴリオン(Pythagoreio/Πυθαγόρειο)

ピタゴリオン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ピタゴリオンの関連キーワードサモス島のピュタゴリオンとヘラ神殿ドデカネス[諸島]サモス[島]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android