コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッツェッティ Ildebrando Pizzetti

世界大百科事典 第2版の解説

ピッツェッティ【Ildebrando Pizzetti】

1880‐1968
イタリアの作曲家。パルマ音楽院で作曲を,パルマ大学で音楽史を学ぶ。《ギリシアの音楽》(1914)を著し,古代ギリシア芸術を理想とし,新古典主義の立場をとりながら創作を行った。ダンヌンツィオによる劇詩《船》のための音楽,オペラフェドラ》,自らの台本によるオペラ《デボラとヤエーレ》はじめ,多くの舞台作品,合唱曲歌曲で音楽と言葉の総合を目ざし独自の朗唱様式を生み出した。また《オイディプス王への三つの交響的前奏曲》などの管弦楽曲,合唱曲,歌曲,室内楽を残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピッツェッティの関連キーワードマリオ カステルヌオーヴォ・テデスコカステルヌーヴォ=テデスコカステルヌオーボ・テデスコピツェッティ9月20日ロータ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピッツェッティの関連情報