コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンクリボン運動 ぴんくりぼんうんどう

知恵蔵の解説

ピンクリボン運動

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴えるための活動のこと。筆記体のLの字の形をした、ピンク色のリボンがそのシンボルとされている。
日本では、女性の16人に1人が乳がんになると言われている。30歳から60歳の壮年層の女性のがん死亡原因の第1位は乳がんであり、厚生労働省の人口動態統計によると、2008年に乳がんで亡くなった女性は1万1797人だった。この数は年々増加している。理由としては、日本では乳がんの検診受診率が低く、気が付いたときには進行していたケースが多いことがあげられる。
ピンクリボン運動はこうした状況を変えるために、乳がんのセルフチェックや定期検診を促し、乳がんに対する意識を高めることが目的とされている。
ピンクリボン運動が盛んになったのは、1980年代のアメリカが最初である。行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを開催したり、ピンクリボンをあしらった商品を販売して収益を研究団体に寄付したりするなどの活動を行った結果、検診率が高まり乳がんによる死亡率を低下させたという実績を持つ。
日本では、2000年10月に乳がん患者支援団体の「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけとなり、ピンクリボン運動が一般的に認知されるようになってきた。その後、様々な企業がピンクリボン運動に協賛したり、市民団体が立ち上げられたりするなど、日本のピンクリボン運動は年々盛んになっていった。
ピンクリボン運動を行うNPO法人の一つ、J.POSHは、年に1度、日曜日に全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境づくりに取り組んでいる。10年が初の試みになり、10月17日は280施設を超える全国の賛同医療機関でマンモグラフィー検査を受けることができた。
また、朝日新聞をはじめ、地域や行政、企業、団体などがコラボレートして開催するピンクリボンフェスティバルも03年から毎年開催されている。10年は10月1日から東京・神戸・仙台の3都市でイベントや街のデコレーション、ライトアップなどを通して乳がんの早期発見などの大切さを訴えるピンクリボンのメッセージを発信した。

(星野美穂  フリーライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ピンクリボン運動

80年代に米国で始まった乳がんの「早期発見、早期受診、早期治療」を訴える運動。当時、国内女性の8人に1人が発症していたことを重くみて、行政や企業が協力。イベントを開催し、商品の収益を研究団体に寄付するなどの取り組みを行ったところ、受診率が上がり死亡率が低下した。日本では00年ごろから専門医などが主体となって始まり、03年からは東京などで「ピンクリボン・キャンペーン」が毎年10月に開かれるようになった。

(2008-09-30 朝日新聞 朝刊 青森全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピンクリボン運動
ぴんくりぼんうんどう

乳癌(がん)の早期発見や検診の重要性を訴え、早期の診療や治療を推進する世界規模の啓発運動。悲しみを二度と繰り返さないようにという願いを込めたピンク色のアウェアネスリボンをシンボルとする。1990年代にアメリカの乳癌患者やその家族によって始まった運動で、行政や企業の賛同を得ながら草の根的に広がり、国際的な活動へと発展した。運動では、ピンクリボンのマークを掲げて周知活動を展開し、イベントではマークのついた寄付金付き商品を販売。寄付と収益の一部は、乳癌の予防や研究のための基金にあてられている。
 日本では2000年(平成12)10月、乳癌の患者支援団体あけぼの会が東京タワーをピンク色にライトアップしたことをきっかけに、その活動が広く知られるようになった。「乳がん月間」にあたる毎年10月には、市民団体や行政、企業の協賛を得たピンクリボン運動が全国各地で展開されており、10月1日には東京タワーをはじめ、東京スカイツリー、東京都庁舎、レインボーブリッジ、名古屋城、神戸ポートタワーなど各地のシンボリックな場所がピンク色にライトアップされる。日本で周知活動が急速に広がった背景には、乳癌が日本人女性にとって、もっともかかりやすい癌であり、2011年には1万2731人が乳癌で死亡している(国立がん研究センターがん対策情報センターデータ)ということがある。乳癌は早期に治療すれば体へのダメージが少なく、再発率も低く抑えられることがわかっているため、国は2004年度から40歳以上の女性全員に乳癌検診の対象を広げ、2年に1度、問診・視触診・マンモグラフィーによる検診を実施している。しかし厚生労働省による2010年の調査によると、過去2年間における受診率は31.4%と高くはない。今後はこの検診受診率をどのように引き上げていくかが課題となっている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピンクリボン運動の関連キーワード牧野エミ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピンクリボン運動の関連情報