ピンクリボン運動(読み)ぴんくりぼんうんどう

知恵蔵の解説

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを訴えるための活動のこと。筆記体のLの字の形をした、ピンク色のリボンがそのシンボルとされている。
日本では、女性の16人に1人が乳がんになると言われている。30歳から60歳の壮年層の女性のがん死亡原因の第1位は乳がんであり、厚生労働省の人口動態統計によると、2008年に乳がんで亡くなった女性は1万1797人だった。この数は年々増加している。理由としては、日本では乳がんの検診受診率が低く、気が付いたときには進行していたケースが多いことがあげられる。
ピンクリボン運動はこうした状況を変えるために、乳がんのセルフチェックや定期検診を促し、乳がんに対する意識を高めることが目的とされている。
ピンクリボン運動が盛んになったのは、1980年代のアメリカが最初である。行政、市民団体、企業などが乳がんの早期発見を啓発するためのイベントを開催したり、ピンクリボンをあしらった商品を販売して収益を研究団体に寄付したりするなどの活動を行った結果、検診率が高まり乳がんによる死亡率を低下させたという実績を持つ。
日本では、2000年10月に乳がん患者支援団体の「あけぼの会」が東京タワーをピンク色にライトアップしたことがきっかけとなり、ピンクリボン運動が一般的に認知されるようになってきた。その後、様々な企業がピンクリボン運動に協賛したり、市民団体が立ち上げられたりするなど、日本のピンクリボン運動は年々盛んになっていった。
ピンクリボン運動を行うNPO法人の一つ、J.POSHは、年に1度、日曜日に全国どこでもマンモグラフィー検査が受診できる環境づくりに取り組んでいる。10年が初の試みになり、10月17日は280施設を超える全国の賛同医療機関でマンモグラフィー検査を受けることができた。
また、朝日新聞をはじめ、地域や行政、企業、団体などがコラボレートして開催するピンクリボンフェスティバルも03年から毎年開催されている。10年は10月1日から東京・神戸・仙台の3都市でイベントや街のデコレーション、ライトアップなどを通して乳がんの早期発見などの大切さを訴えるピンクリボンのメッセージを発信した。

(星野美穂  フリーライター / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進すること、乳がんについての理解の推進、乳がん患者・家族への支援などを目的として行われている世界規模の啓発キャンペーン。胸元などにピンクのリボンをつけてセルフチェックや定期受診を促し、乳がんに対する意識を高めるための運動である。アメリカで乳がんのために亡くなった患者の家族が、「このような悲劇が繰り返されないように」との願いでつくったリボンに端を発し、乳がん患者の多い欧米で1990年代に活発化した。アメリカでは1993年、ナショナル・マンモグラフィデー(10月第3週の金曜日)が制定され、国をあげて乳がん死を減らす運動が始まった。日本においても2000年代に入り、認定NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動)や認定NPO法人乳房健康研究会などが中心となってピンクリボン運動を展開している。10月1日は「ピンクリボンデー」で、乳がんを啓発するウォーキングや、東京タワーやレインボーブリッジなどをピンク色にライトアップする取組みなどが行われている。

[渡邊清高 2019年10月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピンクリボン運動の関連情報