コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーコックチェア peacock chair

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ピーコックチェア【peacock chair】

デンマークの家具デザイナーハンス・J・ヴェグナーが1947年にデザインした椅子(いす)。伝統的なウィンザーチェアアレンジしたハイバックチェアで、羽根を広げた孔雀(ピーコック)を連想させる、扇状に広がった背もたれが特徴。デンマークのPPモブラー社が製造する。◇背もたれを構成する棒が矢(アロー)の形に似ていることから「アローチェア」ともいう。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone