コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファシン岩 ファシンがん fasinite

1件 の用語解説(ファシン岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ファシン岩

ネフェリンに富むジャキュピランジャイトに相当する岩石で,顕晶質でAl2O3成分に富み,チタンオージャイト(65%)とネフェリン(15%)を主成分とする.他に黒雲母,橄欖(かんらん)石,アルカリ長石などを伴っている[Lacroix : 1916].1902年にラクロアによってイジョラ岩と記載されたが[Lacroix : 1902],1907年にローゼンブッシュは誤ってベキンキナ岩(bekinki-nite)と命名した[Rosenbusch : 1907].ベキンキナ岩とは角閃石とアナルサイムを含まないことが異なっており,これは産地が混乱した結果である.マダガスカル,アムパシンダヴァ(Ampasindava)に産する.fasyはマダガスカルの方言で砂の意味である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファシン岩の関連キーワードカコルトク岩ナウジャイトムニオング岩エセックサイト玄武岩大西洋岩バミューダ岩サリトライトジャキュピランガ岩スフェン岩ネフェリン-ベーサイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone