コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファミリー企業 ファミリーキギョウ

2件 の用語解説(ファミリー企業の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ファミリー‐きぎょう〔‐キゲフ〕【ファミリー企業】

創業者とその一族が大株主として経営権を握り、会長や社長などに就いている会社。同族会社。
公企業などからの天下り職員を受け入れ、収益のほとんどを公企業に頼る系列会社。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ファミリー企業

日本道路公団関連会社の通称。約70社あり、旧公団OBの天下り先になってきた。高速道路の補修や事故復旧、清掃・植栽などを手がけてきたが、こうした業務の大半が無競争で落札されていたため、「旧公団とのもたれあいが高速道路のコスト高につながっている」と批判を浴びた。旧公団は05年10月に民営化され、関西から沖縄までが営業範囲の西日本と、東日本、中日本の3高速道路会社に再編。その後3社はファミリー企業の再編に着手。独占受注でため込んでいた余剰金の一部を利用者に還元する作業も進めている。

(2007-08-31 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファミリー企業の関連キーワード高速道路株式会社首都高速道路公団道路関係四公団道路関係四公団民営化関係四法道路公団日本道路公団等民営化関係法施行法阪神高速道路公団中日本高速道路(NEXCO中日本)道路公団改革公社・公団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファミリー企業の関連情報