コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大株主(読み)おおかぶぬし

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

大株主

持ち株比率の高い株主のこと。ある会社の発行済み株式の総数に対し、大口の株数を所有する個人、法人を含めた投資家のこと。会社の株主になるには、一部の外国人に対しての制限を除き、個人、法人いずれでも良い。そのなかでも、1つの会社の発行済み株式に対し、大量の株式を所有している投資家を「大株主」と呼ぶ。ただし、どれだけの株式を保有するかどうかという基準はない。傾向としては、金融機関、事業法人、その持ち株会社などが大株主の上位を占める。また、大株主のなかで最も株数が多い株主を「筆頭株主」と呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

大株主

大株主(おおかぶぬし)とは、持株比率の高い株主のこと。大株主の明確な定義はないが、営業報告書には上位7名(以上)の記載がなされている。株式公開を目指すベンチャー企業の場合、上位株主に複数のベンチャーキャピタルが存在する場合、その一番出資額の多いベンチャーキャピタルを「リード」と呼ぶことがあります。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大株主の関連情報