コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

同族会社 どうぞくがいしゃfamily partnership

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

同族会社
どうぞくがいしゃ
family partnership

会社の株式または出資金額の一定割合以上を同族関係者が所有している会社をいう。法人税法では,株主の3人以下およびこれらと特殊の関係にある個人および法人の有する株式総数または出資金額の合計が,その会社の発行済み株式の総数または出資金額の5割以上に相当する会社を同族会社と定めている (2条 10項) 。この場合特殊な関係にある,すなわち同族関係者の基準については政令が親等などの範囲を細かく定めている。同族会社は非同族会社に比べて税法上,留保金に対する特別課税などの不利益がある (法人税法 67) 。同族会社の用語をこのような税法上の定義とは別に用いる場合もあり,その場合は一般に親族使用人など相互に特殊な関係をもつ者だけで構成されている会社を呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぞく‐がいしゃ〔‐グワイシャ〕【同族会社】

親族・使用人など、特殊な関係にある者だけからなる会社。
税法上、一定数の株主社員およびこれと特殊な関係にある者が、株式の総数または出資金額の一定割合以上を占めている会社。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうぞくがいしゃ【同族会社】

血縁関係を有する一族(厳密にいえば,個人あるいは家族,親族,使用人といった特殊の関係にある者)で所有し,経営する会社。どの程度の株式所有で同族会社といえるか明確な定義はないが,一般的にいって50%以上が基準といえよう。個人が主として自己の資金によって新規に企業を設立しみずから経営するというのが,中小企業の誕生する一般的な形態である。この場合,企業の所有者経営者であり,通常の大企業のようには,〈所有と経営の分離〉がなされていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

どうぞくがいしゃ【同族会社】

同族の者だけでその社員が構成されている会社。
親族やその関係者など、特殊な関係にある者が支配している会社。税法上は、一定数の株主およびそれと特殊な関係にある者が、株式または出資金額の半分以上を有する会社。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

同族会社
どうぞくがいしゃ

親族や使用人のような特殊な関係がある者だけで構成されている会社。人的会社のほか、株式会社についても、社会的信用や危険負担の制限などの利点を考慮して、この同族会社の形を利用する場合が多い。これは商法上の用語としてはないが、税法上は法律用語となっており、会社の一定数(3人以下)の株主または社員、およびこれらと政令で定める特殊の関係のある個人および法人(同族関係者)が有する株式の総数または出資金額の合計額が、その会社の発行済株式の総数または出資金額の一定割合(100分の50)を超える会社をいうと定めている(法人税法2条10号)。同族会社では、同族関係者の会社支配により、容易に同族関係者の租税負担の軽減を図るおそれがあるので、税法上、たとえば一定額を超える内部留保について特別の課税を行うというように、特別の取扱いがなされている。[戸田修三・福原紀彦]
『酒井正之・緑川正博著『同族会社の法律と税務』新版(2004・新日本法規出版) ▽日本税理士会連合会編、川村文彦・武田茂著『同族会社――税務処理・申告・調査対策』第5版(2008・中央経済社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の同族会社の言及

【株式会社】より

…しかし現在の日本では,小規模な企業が株式会社形態をとってはならないという規制はないので,相当零細な企業まで株式会社となっている。こうした小規模な株式会社は,通常,家族・親族等だけですべての株主・取締役・監査役の地位が占められていることから,同族会社とか閉鎖的株式会社とか呼ばれる。これらの株式会社は,商法による複雑な法規制を遵守できるような法律知識も,またそれができる資力もない。…

【合名会社】より

…日本では,合名会社の商号中に社員の名称を加える必要はなく,また実質規定もドイツ法に依拠しているが,名称はフランス法によったのである。 以上のように,沿革的には合名会社は資本的結合であるよりむしろ家族的結合であったが,現在でも,少数の人的信頼関係にある者の共同企業形態であって,個人商人が確実な協力者を必要とするときや,数人の親族が共同して事業を行うときなどのように,資本の結合というより労力の補充を目的とするいわゆる同族会社である場合が多く,合名会社は中小規模の企業のための企業形態として機能している。日本には,税務統計上1万社足らずの合名会社があるにすぎない。…

※「同族会社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

同族会社の関連キーワード鈴木 摠兵衛(9代目)平成19年度税制改正丹沢 善利(2代目)フィアット[会社]財産評価基本通達シュティンネスファミリー企業大成建設[株]馬越 幸次郎浅野 総一郎森村市左衛門馬越幸次郎浅野財閥大塚家具同族経営血縁関係売渡請求事業承継渋沢財閥名義株

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同族会社の関連情報