ファルクバルゲ(読み)ふぁるくばるげ(英語表記)Johan Falkberget

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルクバルゲ
ふぁるくばるげ
Johan Falkberget
(1879―1967)

ノルウェーの小説家。中部ノルウェーの鉱山地帯、ローロスの労働者の子に生まれる。作品にも鉱山に取材したものが多い。大河小説『クリスティアヌス・セクストス』(1927~35)は、1720年代の鉱山を舞台としながら、1920年代という飢餓、経済恐慌に満ちた時代的不安をダブらせたノルウェー文学の最高峰の一つである。ほかに、『第四の夜警』(1923)、『夜のパン』(1940)、『犂(すき)』(1946)、『ヨハンネス』(1952)、『愛の道』(1956)などがある。

[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android