ファルクバルゲ(読み)ふぁるくばるげ(英語表記)Johan Falkberget

日本大百科全書(ニッポニカ)「ファルクバルゲ」の解説

ファルクバルゲ
ふぁるくばるげ
Johan Falkberget
(1879―1967)

ノルウェーの小説家。中部ノルウェーの鉱山地帯、ローロスの労働者の子に生まれる。作品にも鉱山に取材したものが多い。大河小説『クリスティアヌス・セクストス』(1927~35)は、1720年代の鉱山を舞台としながら、1920年代という飢餓経済恐慌に満ちた時代的不安をダブらせたノルウェー文学の最高峰の一つである。ほかに、『第四の夜警』(1923)、『夜のパン』(1940)、『犂(すき)』(1946)、『ヨハンネス』(1952)、『愛の道』(1956)などがある。

[山口卓文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android