コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルサルスの戦い(読み)ファルサルスのたたかい(英語表記)Battle of Pharsalus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルサルスの戦い
ファルサルスのたたかい
Battle of Pharsalus

古代ローマの内乱期における戦闘の一つ。前 48年6月6日,ギリシアの北に接するテッサリアの町ファルサルスでユリウス・カエサルポンペイウス (大ポンペイウス) との間で行われた戦い。イタリアからバルカン半島へと逃れ,東方の軍隊を結集したポンペイウスを討つためカエサルは兵を進め,2倍に近い兵を擁するポンペイウス軍とファルサルスで決戦し,巧みな用兵によって圧倒的な勝利を得た。ポンペイウスはエジプトへと逃れたが暗殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android