コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルネーゼ座 ふぁるねーぜざTeatro Farnese

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルネーゼ座
ふぁるねーぜざ
Teatro Farnese

イタリアのルネサンス末期、パルマに建造された近代劇場。建築家G・B・アレオッティ(1546―1636)がパルマの貴族ファルネーゼ家の要請を受けて設計し、その館ピロッタ宮内に1年の歳月をかけて1619年に完成させた。1585年建造のオリンピコ座において背壁中央に位置したアーチ門を、舞台前部の両側幅に拡大、前進させ、いわゆる「額縁舞台」(プロセニアム・ステージ)を実現した。同時に側面書割による舞台背景と幕の使用によって、近代末まで屋内劇場の定型となった「幻影舞台」(イリュージョン・ビューネ)を完成させ、演劇史上、画期的な意義を担った。第二次世界大戦中に劇場は被爆、破壊された。[赤沢 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ファルネーゼ座の関連キーワードプロセニアム・アーチオーディトリアム舞台装置宮廷劇場赤沢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android