コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額縁舞台 がくぶちぶたいpicture frame stage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

額縁舞台
がくぶちぶたい
picture frame stage

ちょうど額縁のようにプロセニアム・アーチによって縁どられ,その奥に広がった舞台。今日のほとんどの劇場で用いられている形式で,17世紀に出現した。観客席に円形,半円形に取囲まれたアリーナ・ステージ (円形舞台空間) やエリザベス朝時代のエプロンステージのように観客席に四角に張出した前舞台は吸収され,大きなプロセニアム・アーチによって観客席と舞台が画然と区切られた構造。アーチにつけたカーテンを閉じることによって十分に装置を準備することが可能となったため,額縁舞台の出現は舞台装置に大きな進歩をもたらしたが,一方観客と舞台との間の親近感は薄れることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

額縁舞台【がくぶちぶたい】

客席から演劇空間が一枚の絵のように見える舞台。プロセニアム・アーチproscenium archと呼ばれる装飾つきの枠で囲まれ,張出舞台に比べて演技者と観客との区別が明瞭で,遠近法を用いて別の世界をのぞくような感覚を持たせる。ヨーロッパでは17世紀後半から定着しはじめ,近世リアリズム演劇成立の重要な要素となり,以後舞台の標準的な形となった。→劇場円形劇場
→関連項目近代劇舞台舞台装置

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくぶちぶたい【額縁舞台】

劇場の舞台のうち,客席から明確に切り離され,観客には額縁で囲まれた一幅の絵のように見えるものをいう。現存する最古の例は,イタリアのパルマにあるテアトロ・ファルネーゼTeatro Farnese(1618年,アレオッティGiovanni Battista Aleotti設計,1628開場)である。これはすでにそれ以前の劇場にも見られた遠近法に従う背景を採り入れただけでなく,この背景を転換可能なものにし,さらに舞台と客席の境に,舞台をかこむ額縁の役割を果たす,装飾を施した恒常的なプロセニアム・アーチproscenium archをすえた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がくぶちぶたい【額縁舞台】

円形劇場のような、空間的に開放された舞台と異なり、プロセニアム-アーチという額縁で舞台面が縁どられている舞台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の額縁舞台の言及

【イギリス演劇】より


[王政復古期]
 1660年の王政復古とともにロンドンの劇場は再開され,女優の登場など革命前にはなかった現象があらわれた。劇場は屋内に限られ,舞台は客席に張り出したエプロンと呼ばれる部分をもってはいたが,近代的な額縁舞台に近づいた。あまり精巧ではないが装置も用いられ,劇全体の終りにのみおろされるのが普通ではあったが幕の使用も始まり,また人工照明も採り入れられた。…

【円形劇場】より

…中世でも,野外で演じられる劇を観客がとり囲んで見たことがあった。しかし近代になって,装置を重視する額縁舞台が主流を占めるとともに,円形劇場は消えていった。それが再び注目されるようになるのは20世紀に入ってからである。…

【劇場】より

…客席から見ると,演技空間はあたかも四角形の額縁で囲まれた1枚の絵のように感じられる。そこで,こうした構造をもった舞台を額縁舞台と呼ぶことがある。たてまえ上は,舞台は四つの壁で囲まれた空間であり,客席と舞台とを隔てる壁だけが透明であるとされる。…

【第四の壁】より

…俳優は正面に壁があるつもりで観客を無視して演ずべきという考えは,すでに18世紀のディドロなどにみられたが,〈第四の壁〉が成立するためには少なくとも次の三つの外的条件を必要とした。(1)額縁舞台の成立 19世紀初めに大方の劇場は張出し舞台とその両脇のボックス席を撤廃し,舞台と客席の間に截然たる境を意識することが容易になった。(2)箱型装置の使用 19世紀半ばから舞台上の部屋は三方を壁で囲まれた上に天井のついたものとなり,〈第四の壁〉の想定が自然にできるようになった。…

【ダベナント】より

…60年,王政復古に際して劇場経営の勅許を得,リンカンズ・インズ・フィールズに公爵劇場を開場,T.ベタートンを中心とする劇団の本拠とした。劇場史的には,エリザベス朝の張出舞台から近代的な額縁舞台への橋渡しをし,大がかりな装置や舞台機構を採り入れた。作品には革命以前に発表した宮廷仮面劇もあるが,むしろ王政復古以後に観客の好みに合わせると称してシェークスピア劇を改作したことが重要である。…

【舞台】より

…劇場内の舞台と客席との関係は,前者が後者から明瞭に区別されている場合と,前者の全部または一部が後者によってとり囲まれている場合とに大別される。第1がいわゆる〈額縁(がくぶち)舞台〉で,おおむね近代以後の劇場に多く認められ(今日の日本のほとんどの劇場もこのかたちである),第2が近代以前の劇場に多い〈張出(はりだし)舞台〉である(例えば日本の能舞台もこの一種といえる)。 この額縁舞台・張出舞台の両者の区別は,実は単に形状の問題にとどまらず,そこで行われる演劇の成り立ち方の本質に触れる問題と関わっている。…

※「額縁舞台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

額縁舞台の関連キーワードオーディトリアムファルネーゼ座王政復古期演劇イオセリアーニ東京グローブ座レーゼドラマ国立民衆劇場イギリス演劇ジョーンズタイーロフ舞台照明コマ劇場緞帳

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

額縁舞台の関連情報