定型(読み)ていけい

百科事典マイペディア「定型」の解説

定型【ていけい】

5句31音の短歌,3句17音の俳句,漢絶句などのように,一定の句数,音数で構成される詩歌の形式をいう。短歌や俳句のほか,長歌旋頭歌(せどうか),今様連歌などもそれぞれの形式,約束をもち,自由詩に対して定詩と呼ばれる。変化,流動性には乏しいが,定型には洗練された形式の美しさがあり,入りやすく親しみやすい。→自由律

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「定型」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android