ファンロン(黄龍)(読み)ファンロン(英語表記)Huanglong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国スーチョワン (四川) 省北部,松藩県にある景勝地ミンシャン (岷山) 山脈の主峰シュエバオ (雪宝) 頂を形成する玉翠山麓,標高 3000m付近の樹海のなかを流れる渓谷沿いに,大小 3000余の湖や池が段々畑状に連なる。それぞれの湖沼石灰質のゆるやかに傾斜した面であるため,黄色い岩肌の上にたたえられた水は微妙に変化するエメラルド・グリーンに輝く。地名はその様子が黄色い龍が駆け昇るさまに似ていることに由来する。特に明代に建立された黄龍後寺の背後に広がる黄龍彩池群の美しさは有名。 1992年世界遺産の自然遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android