コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹海 ジュカイ

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐かい【樹海】

広い範囲に樹木が繁茂し、見下ろすとのように見える所。「富士山麓樹海

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゅかい【樹海 sea of leafage】

森林がよく発達するとその外観が小波の立つ海のようにみえるのでこう呼ぶことがある。森林の構成種がそれぞれ独特の樹冠をもっているので,どんな種がつくっている森林かによって林相が異なっており,樹海の色や形もさまざまである。熱帯の広大な森林を空から眺めるとまったく海のような印象を与えられるが,日本では樹海と呼ぶような広大な森林は,今では富士青木ヶ原や北海道の森林などごくわずかしか残っていない。【岩槻 邦男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅかい【樹海】

広い範囲にわたって森林が茂り、高所から見ると海原のように見える所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹海
じゅかい

広大な地域を覆う大森林の景観をいう。ほぼ同一の種からなる自然林からなり、高所から見ると大海が波打っているようにみえるところからつけられた用語で、主として針葉樹で構成される。シベリア北部のタイガの大森林、アマゾン流域の熱帯雨林などは大規模な例で、日本では富士山北西麓(ろく)の青木ヶ原樹海や乗鞍(のりくら)岳、大雪山のハイマツの海がその代表的なものである。一般に火山の溶岩流の上に成立している場合が多い。[小泉武栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

樹海の関連キーワード秋田県鹿角郡小坂町十和田湖山梨県南都留郡富士河口湖町名久井岳県立自然公園北海道勇払郡むかわ町十和田八幡平国立公園ファンロン(黄龍)岩手県八幡平市松尾西吾妻スカイバレー秋田県大館市上代野富士河口湖(町)ソンニ(俗離)山イズァローン伝説ブルーマウンテンジャミソン渓谷岡田 鯱彦自殺の統計佐川 敏子渡辺マナミ鳴沢[村]松村 巨湫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

樹海の関連情報