コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樹海 ジュカイ

4件 の用語解説(樹海の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐かい【樹海】

広い範囲に樹木が繁茂し、見下ろすと海のように見える所。「富士山麓樹海

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅかい【樹海 sea of leafage】

森林がよく発達するとその外観が小波の立つ海のようにみえるのでこう呼ぶことがある。森林の構成種がそれぞれ独特の樹冠をもっているので,どんな種がつくっている森林かによって林相が異なっており,樹海の色や形もさまざまである。熱帯の広大な森林を空から眺めるとまったく海のような印象を与えられるが,日本では樹海と呼ぶような広大な森林は,今では富士青木ヶ原北海道の森林などごくわずかしか残っていない。【岩槻 邦男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅかい【樹海】

広い範囲にわたって森林が茂り、高所から見ると海原のように見える所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樹海
じゅかい

広大な地域を覆う大森林の景観をいう。ほぼ同一の種からなる自然林からなり、高所から見ると大海が波打っているようにみえるところからつけられた用語で、主として針葉樹で構成される。シベリア北部のタイガの大森林、アマゾン流域の熱帯雨林などは大規模な例で、日本では富士山北西麓(ろく)の青木ヶ原樹海や乗鞍(のりくら)岳、大雪山のハイマツの海がその代表的なものである。一般に火山の溶岩流の上に成立している場合が多い。[小泉武栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樹海の関連キーワードバイソン小波熱帯林芸が立つ波の綾引立つ剥げ石見映え森林整備レヒツシャイン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

樹海の関連情報