コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーグム Fa Ngum

世界大百科事典 第2版の解説

ファーグム【Fa Ngum】

1316‐75ころ
現在のラオスと東北タイに,ラオ族を中心として14~18世紀に展開した仏教王国ランサンの初代王。在位1354‐73年。彼の事績は16世紀に成立した歴史物語《ニタン・クンブロム》と信憑性の高い《ランサン年代記》にみられる。前者の一半はファーグムにまつわる英雄譚であり,アンコールの王宮で育ったファーグムは,カンボジアから兵を率いて北ラオスにいたり建国したとされているが,北部での政治的できごとはむしろモンゴル・元朝的要素を反映している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファーグムの関連キーワードルアンプラバン王国

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android