ファーストファッション(英語表記)fast fashion

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流行のデザインを取り入れた衣料品を迅速に大量生産し、短期間に売り切ってしまうファッション・ブランド、あるいはそのビジネスモデル。定番商品をもたず、最新トレンドを反映した新商品を1週間から2週間単位で次々と店頭に並べ、1か月足らずでほぼ入れ替えてしまう。Tシャツ1枚数百円、ワンピース1着数千円などと価格が安い点に特徴がある。安くて早い「ファーストフード」になぞらえてこうよばれる。流行に敏感で同じ服を単一シーズンしか着用しないという消費者層に支持され、世界的に売上げを伸ばしている。
 スウェーデンの「H&M」(ヘネス&モーリッツ)、「ザラZara」ブランドをもつスペインのインディテックス社INDITEX、アメリカ系の「フォーエバートゥウェンティワンFOREVER21」、イギリスの「トップショップTOPSHOP」などが有名。世界各国に店舗をもち、H&M社やインディテックス社の年間売上げは1兆円を超える。最近はファーストファッションどうしの競争も激しく、有名デザイナーと組んで新ブランドを売り出す例が目だつ。広義には「ユニクロ」ブランドを扱う日本のファーストリテイリング社も含まれるとの意見がある一方、「ユニクロ」は定番品が中心で、ファーストファッションの範疇(はんちゅう)には属さないとの見方もある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android