コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーストファッション fast fashion

デジタル大辞泉の解説

ファースト‐ファッション(fast fashion)

《「ファストファッション」とも》アパレルメーカーが、ファーストフードのように低価格で、かつ流行を素早く取り入れた商品を提供すること。また、そのブランドや業態のこと。「ファースト」には、安価で手軽、速いサイクルで商品を提供する、短期間で売り切るなどの意味が含まれる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーストファッション
ふぁーすとふぁっしょん
fast fashion

流行のデザインを取り入れた衣料品を迅速に大量生産し、短期間に売り切ってしまうファッション・ブランド、あるいはそのビジネスモデル。定番商品をもたず、最新トレンドを反映した新商品を1週間から2週間単位で次々と店頭に並べ、1か月足らずでほぼ入れ替えてしまう。Tシャツ1枚数百円、ワンピース1着数千円などと価格が安い点に特徴がある。安くて早い「ファーストフード」になぞらえてこうよばれる。流行に敏感で同じ服を単一シーズンしか着用しないという消費者層に支持され、世界的に売上げを伸ばしている。
 スウェーデンの「H&M」(ヘネス&モーリッツ)、「ザラZara」ブランドをもつスペインのインディテックス社INDITEX、アメリカ系の「フォーエバートゥウェンティワンFOREVER21」、イギリスの「トップショップTOPSHOP」などが有名。世界各国に店舗をもち、H&M社やインディテックス社の年間売上げは1兆円を超える。最近はファーストファッションどうしの競争も激しく、有名デザイナーと組んで新ブランドを売り出す例が目だつ。広義には「ユニクロ」ブランドを扱う日本のファーストリテイリング社も含まれるとの意見がある一方、「ユニクロ」は定番品が中心で、ファーストファッションの範疇(はんちゅう)には属さないとの見方もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファーストファッションの関連キーワードファーストビジネスファスト

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android