コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィゲレス José Figueres Ferrer

世界大百科事典 第2版の解説

フィゲレス【José Figueres Ferrer】

1908‐90
コスタリカの政治家。1953年から58年にかけて同国の大統領となり,中道左派政策を促進した。銀行を国有化し,ユナイテッド・フルーツ社の利益の同国への支払を10%から30%に増やした。70年に再選されたのち,米州機構のキューバに対する包囲政策に反対し,また社会主義諸国との友好政策を促進した。74年に任期を満了して退任。ラテン・アメリカ諸国の独裁制に反対したことでも知られている。【山崎 カヲル】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフィゲレスの言及

【コスタリカ】より

…そのうえ,第2次世界大戦後の冷戦の開始が作用して,48年には国内で左右の対立が激化し,ほとんど内戦状況に陥ることになった。中道左派の政治家ホセ・フィゲレスはこのような国内対立の緩和策の実行に成功し,1949年憲法の制定を可能にした。フィゲレスは自らの支持勢力を結集して,51年に民族解放党を設立している。…

※「フィゲレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィゲレスの関連キーワードキリスト教社会連合党[コスタリカ]ジョゼ・フランシスコ オルリッチ国民解放党[コスタリカ]コスタリカ平和憲法12月24日9月5日

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィゲレスの関連情報