フィチン(英語表記)phytin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィチン
phytin

フィチン酸のカルシウム塩およびマグネシウム塩をいう。水にほとんど溶けない白色粉末として得られる。植物の種子や穀物,ジャガイモの汁などから調製される。フィチン酸イノシットのヘキサリン酸エステルで,酵素の作用で1分子のイノシトールと6分子のリン酸に分解されるので,種子におけるリン酸の貯蔵物質と考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフィチンの言及

【イノシット】より

…サメでは貯蔵エネルギーとして蓄えられているらしい。イノシットは自然界に広く分布し,植物のリン酸貯蔵物質であるフィチンはミオイノシットの六リン酸エステルのカルシウム‐マグネシウム塩である。誘導体のフォスファチジルイノシットは特に動物の脳に多量に存在するが,その生理機能はよくわかっていない。…

※「フィチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android