コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵物質 チョゾウブッシツ

大辞林 第三版の解説

ちょぞうぶっしつ【貯蔵物質】

生体内にエネルギー源あるいは体の構成材料としてたくわえられている物質の総称。炭水化物・タンパク質・脂肪など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貯蔵物質の関連キーワード先天性代謝異常症の早期発見のためにフウセンモ(風船藻)グリオキシル酸回路いも(芋∥薯∥藷)デンプン(澱粉)コマクサ(駒草)グリオキシソームクレアチンリン酸水溶性食物繊維スイートコーンフシナシミドロ組織(生物)貯蔵デンプン細胞含有物質ホスファゲン根(植物)ミドリムシグリセリドタンパク質緑藻植物

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貯蔵物質の関連情報