フィッシャーの交換方程式(読み)フィッシャーのこうかんほうていしき

百科事典マイペディアの解説

フィッシャーの交換方程式【フィッシャーのこうかんほうていしき】

アメリカの経済学者I.フィッシャー貨幣数量説を定式化した方程式。〈MVPT〉として表され,M貨幣数量,V貨幣の流通速度,Pは一般物価水準,Tは財貨の取引総量。その意味は,〈一期間における取引総額は支払われた貨幣の総和に等しい〉ということであり,現代の新貨幣数量説マネタリズム)の基礎となっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android