コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッツロイ Robert Fitzroy

大辞林 第三版の解説

フィッツロイ【Robert Fitzroy】

1805~1865) イギリスの気象学者・海軍軍人。ビーグル号の船長を務めた。二代目ニュージーランド総督。気象観測資料を整理、退役後、世界で最初に暴風警報を発した。「天気の書」を著し、天気予報の父といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

フィッツロイ

英国の海軍軍人,水路学者,気象学者。ダーウィンが乗り世界を周航したビーグル号艦長。1854年気象局長となり,1861年2月に世界で最初の暴風警報を出した。また同年8月から天気予報を公表,新聞に掲載。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

フィッツロイの関連キーワードフィッツロイ川(オーストラリア東部、クイーンズランド州)リッチモンド(伯・公家)フィッツロイクロッシングゲイキ渓谷国立公園クックスコテージロックハンプトングレートバリア島フィッツロイ岩レグ クリッブエルチャルテンチャルテル山9月30日10月1日ビエドマ湖イギリスハート船長

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィッツロイの関連情報