フィッツロイ(英語表記)Robert Fitzroy

大辞林 第三版の解説

フィッツロイ【Robert Fitzroy】

1805~1865) イギリスの気象学者・海軍軍人。ビーグル号の船長を務めた。二代目ニュージーランド総督。気象観測資料を整理、退役後、世界で最初に暴風警報を発した。「天気の書」を著し、天気予報の父といわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android