公表(読み)こうひょう

精選版 日本国語大辞典「公表」の解説

こう‐ひょう ‥ヘウ【公表】

〘名〙 おおやけにすること。ひろく世間に発表すること。公示
※さまよへる猶太人(1917)〈芥川龍之介〉「自分の手で発見された古文書によって、二つながら解決された事を公表したいのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「公表」の解説

こう‐ひょう〔‐ヘウ〕【公表】

[名](スル)広く世間に発表すること。「公表をはばかる」「選挙結果を公表する」
[類語]漏洩ろうえい漏れる漏洩ろうせつ筒抜け・漏れ出る・漏らす漏出リーク露見発覚ばらすばれる暴露暴くすっぱ抜くさらけ出す現れる・暴き出す・暴き立てる白日の下に晒す露呈発表披露公開

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公表の言及

【公表制度】より

…国・地方公共団体の機関等の公の機関が一定の事柄を発表し,これを一般公衆の知りうる状態におく制度をいう。(1)一般的な意味における公表の制度は公示の制度とほとんど異ならない。地方自治法上の直接請求の要旨の公表(74条以下)等はその例である(そのほか,国家公務員法24条2項,公認会計士法1条2項)。…

※「公表」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android