フィルタレーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルタレーション

戦後日本の持家政策の背景となった理論の一つ。持家取得が可能な階層を中心に施策,公的援助を行なうことにより,対象となる階層のみでなく下位の階層にも,フィルタを通すように効果が波及すると考えるもの。これは世帯の持家取得によって空いた住居の居住環境を,次のランクの階層が享受できるとする考え方。しかし,住宅取得がライフステージと連動しなくなったこと,また,資産ストック格差の拡大により主にフローの所得だけを対象とした施策が有効に機能しなくなったことにより,下位階層への効果が薄れ,低所得階層が恒常化する現象も見られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android