コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンランド音楽 フィンランドおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィンランド音楽
フィンランドおんがく

伝説叙事詩『カレワラ』 (1835刊) や抒情的歌曲集『カンテレタル』 (40刊) に集められている古民謡は,音域が狭く,3音ないし4音から成る単純で素朴な,美しい旋律が多く,カンテレという一種の琴で伴奏される。また近代音楽は,パキウスやファルティンによって基礎が築かれたのち,J.シベリウスにより大成された。彼の7つの交響曲,多くの交響詩などは,フィンランドの民謡をそのまま使ってはいないが,その国民性をよく反映している。シベリウス以後は,S.パルムグレン,Y.キルピネンらの人々が出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィンランド音楽の関連キーワード武生国際音楽祭

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィンランド音楽の関連情報