コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フイリアザラシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フイリアザラシ

ワモンアザラシ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フイリアザラシ
ふいりあざらし / 斑入海豹
ringed seal
[学]Pusa hispida

哺乳(ほにゅう)綱食肉目アザラシ科の海産動物。北極海を中心に6亜種が広く分布し、一部は淡水湖にも生息する。体長1.4メートル、体重90キログラムになり、灰褐色の体に白い縁どりのリング状模様(輪紋)があることからワモンアザラシともよばれるが、斑紋(はんもん)は一定しない。魚類や甲殻類を捕食、流氷上で繁殖し、早春に北海道北中部まで南下する。生息数は約300万頭。極地住民に肉や皮が利用されている。[片岡照男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フイリアザラシの関連キーワードバイカルアザラシトッカリ輪紋海豹

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android