コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンカズラ(風船葛) フウセンカズラCardiospermum halicacabum; ballon vine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセンカズラ(風船葛)
フウセンカズラ
Cardiospermum halicacabum; ballon vine

ムクロジ科のつる性一年草で,熱帯アメリカ原産。観賞用として鉢植や垣根に植える。つるの長さは 3mにも達し,他物にからむ。2回3出する複葉を互生し,各小葉はさらに羽状に裂ける。葉と向き合って巻きひげのある花序を出し,花はごく小さな白色4弁で夏に咲く。花後,風船のようにふくらんだ3室中空の果実を生じ,直径 2.5~4cmになる。この形がおもしろいので観賞される。各室に径5~6mmの黒い球形の種子があり,その表面にハート形の白い紋があるのが特徴である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フウセンカズラ(風船葛)の関連キーワードムクロジ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android