コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムクロジ科 ムクロジかSapindaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムクロジ科
ムクロジか
Sapindaceae

双子葉植物ムクロジ目の1科。新旧両大陸の熱帯から亜熱帯にかけて 150属 2000種ほどが知られる大きな科で,その大半は高木または低木であるが,5属 300種ほどはつる植物である。葉は羽状複葉で,長い柄で互生する。花は小さいが多数ついて集散花序をつくる。雌花と雄花があり,通常は同株につく。萼片,花弁は各5枚,おしべは2輪で計 10本。雌花でもおしべがよく発達するが花粉はつくらない。めしべは1個で子房は3室。果実は液果蒴果堅果核果などさまざまである。また,ハウチワノキ属 Dodoneaのように翼果をつけるものもある。レイシ (茘枝) リュウガンは熱帯果樹として東南アジアで栽培される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムクロジ科
むくろじか
[学]Sapindaceae

双子葉植物、離弁花類。常緑または落葉の高木または低木であるが、つる草もある。葉は互生し、普通は羽状複葉、まれに単葉。花は両性であるが、単性のものもある。萼片(がくへん)、花弁は4、5枚で、放射相称または左右相称。雄しべは4~12本。雄しべと花弁の間に、環状または腺体(せんたい)状の花盤がある。子房は三室まれに二室。果実は(さくか)、翼果または核果状の分果。熱帯、亜熱帯を中心に60属約600種分布する。レイシ、リュウガンなどの熱帯果樹がある。日本にはハウチワノキ属、モクゲンジ属、ムクロジ属など、5属5種が野生する。つる草のフウセンカズラは本州では園芸植物として栽培されるが、沖縄では畑の害草である。[山崎 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ムクロジ科の関連キーワードリュウガン(竜眼)ラックカイガラムシフウセンカズラレイシ(茘枝)栴檀葉菩提樹ランブータンモクゲンジ楝葉菩提樹浜菩提樹ロンガン無患子木無久呂之ムクロジ竜眼肉万年芝風船葛アキーガラナ無槵子無患子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android