コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウセンモ(風船藻) フウセンモBotrydium granulatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フウセンモ(風船藻)
フウセンモ
Botrydium granulatum

緑色藻類フシナシミドロ目フウセンモ科の藻類。肥沃で日当りがよく,しかも湿りけのある地上に発生する。鮮緑色で亜球形ないし倒卵形を呈し,径1~2mm,まばらに枝分れした仮根地中に伸ばしている。地上部が乾燥すると帯白緑色となる。栄養と湿気などの条件のよいときに無数の遊走子を生じる。本州各地で発見され,また北アメリカ,ヨーロッパ各地で記録されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フウセンモ【フウセンモ(風船藻) Botrydium granulatum (L.) Grev.】

水田や畑の湿った土の上に降雨の後などに群生する直径1mm内外の緑色の囊状の藻類。黄緑藻綱フウセンモ科に所属する。球形の囊状部の下部から分枝する仮根が地中にのび,これで体を固着させる。生殖には同型または異型配偶子による有性生殖と,遊走子または不動胞子の形成による無性生殖が知られる。配偶子,遊走子ともにセイヨウナシ形で,前端近くに長短2本の鞭毛をもって泳ぐ。体が緑色であるので,一見緑藻類を思わせるが,鞭毛の1本が羽形構造であること,光合成色素クロロフィルbがないこと,貯蔵物質がデンプンでなく油であることなどから黄緑藻綱に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android