コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェッラーラのドゥオーモ フェッラーラのドゥオーモ

1件 の用語解説(フェッラーラのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フェッラーラのドゥオーモ【フェッラーラのドゥオーモ】

イタリア北部の都市フェッラーラ(Ferrara、エミリア・ロマーニャ州フェッラーラ県の県都)の旧市街、エステンセ城の南にあるドゥオーモ(大聖堂)。世界遺産に登録されている、15~16世紀にかけてつくられた、9km以上の市壁に囲まれている歴史地区の建物群の一つである。この町を支配したエステ家が支配する以前の12世紀に建造された。フェッラーラの守護神サン・ジョルジョを祀っている。ユニークな3つの尖塔のあるロマネスクゴシック様式大理石のファザードを持ち、何層もの回廊に取り囲まれた建物は、イタリア中世を代表する建築物である。聖堂の右後方には1441~1596年にかけて建設された鐘楼(しょうろう)が建っている。聖堂内部にはドゥオーモ博物館(大聖堂美術館)があり、かつて大聖堂内部を飾っていた作品が展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェッラーラのドゥオーモの関連キーワードハランカッラーラカッラーラ大聖堂ディアマンティ宮殿フェッラーラフェラーラ大聖堂ベッラージオポルトフェッライオフェッラレッレフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone