フェライト相(鉄)(読み)フェライトソウテツ

  • ferrite phase(iron)

化学辞典 第2版の解説

体心立方構造のα鉄,δ鉄,およびこれらの鉄に他元素が固溶した相の組織名.固溶元素の種類によりフェライトの存在範囲を拡大するものと,逆にオーステナイトの存在範囲を拡大してフェライトの存在範囲を狭めるものとがある.周期表でマンガンを除けば,鉄の左側の遷移元素はフェライトを安定化し,一方,鉄の右側の元素は逆にオーステナイトを安定化する.キュリー点合金元素の種類および濃度によって変化する.フェライト中への炭素の最大固溶量は727 ℃ で0.02% である.構造用鋼などの鋼材は,ほとんどフェライト系鋼材である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android