コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルゲンツ vergence, vergenz(独)

岩石学辞典の解説

フェルゲンツ

軸面反傾斜方向または軸面横倒し方向.横倒し褶曲の軸面または衝上断層面の傾斜と反対の方向,つまり面が倒れかかった方向をいう[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内のフェルゲンツの言及

【褶曲】より

…古くは日本の中古生層は著しく閉じた褶曲をしていると信じられていたが,現在では褶曲波面は比較的緩やかでむしろ水平に近いと考えられている。なお,広範囲にわたって褶曲軸面が1方向にそろって傾斜している場合,その複褶曲群はフェルゲンツVergenz(ドイツ語)をもつという。軸面が東に傾斜していれば,その褶曲は西フェルゲンツである。…

※「フェルゲンツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェルゲンツの関連キーワード中間山地後背地

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android