コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェロニア Feronia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェロニア
Feronia

古代イタリアの女神。森や泉など,自然界の支配者で,タラキナにあったその神殿で,奴隷の解放が行われたところから,自由の女神リベルタスとも同一視された。ソラクテ山麓に祭祀の中心があったが,中部イタリアの各所に祀られ,ローマにも神殿を有した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフェロニアの言及

【フェロニー】より

…封建的主従関係(封建制度)における主君と家臣の間の誠実義務違反。ラテン語でフェロニアfelonia。封建的主従関係にある主君と家臣とは,相手方に対し誠実をつくす義務,すなわち,積極的に相手方の利益を図り不利益を避ける基本的な義務を相互に負うほかに,主君は封地(レーン)等を与えて家臣を保護する義務を,また,家臣は主君に対し軍役,参廷等の義務を負う。…

※「フェロニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェロニアの関連キーワードフェロニー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android