コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェーカン Fécamp

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェーカン
Fécamp

フランス北西部,セーヌマリティム県の港町。ルアーブルの北西約 40km,イギリス海峡にのぞむ。7世紀女子修道院が建設され,巡礼地となる。北欧民族の侵入により破壊されたが 10世紀末に再建,ベネディクト会のトリニテ修道院がおかれた。 12世紀以降地方商港として発展。現在はニシン・タラ漁の根拠地。魚の缶詰,タラ乾燥,ベネディクティン・リキュールなどの工場がある。トリニテ聖堂 (12世紀) ,ノルマンディー公の城址などがある。 1920年以後は海浜保養地として発展。人口2万 1143 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android