コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォックスハウンド[種] foxhound

翻訳|foxhound

1件 の用語解説(フォックスハウンド[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フォックスハウンド[種]【foxhound】

キツネ猟犬。原産地イギリスのものとアメリカのものの2種がある。 イングリッシュフォックスハウンドEnglish foxhoundは,6世紀ごろから王族たちがキツネ猟に用いたハウンド種から出発し,18世紀の初期に現在の姿に育種されたイヌである。キツネ猟専門のイヌとして作られ,猟野でキツネを追い出す能力はきわめて正確で,そのうえスピードスタミナを兼備している。体形はポインターによく似る。被毛は滑らかな短毛であるが,粗剛な毛質を交じえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フォックスハウンド[種]の関連キーワード原産地イギリスオランダ戦争イギリス巻病める狐イングリッシュ・セターイングリッシュ・フォックス・ハウンドクランバー・スパニエルケアーン・テリアワイアー・フォックス・テリアイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone