コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォト・ジャーナリズム ふぉとじゃーなりずむ

世界大百科事典内のフォト・ジャーナリズムの言及

【グラフ・ジャーナリズム】より

…写真や図像など図版を主体とした新聞,雑誌などの出版形態,またはその方法をさす日本での用語。写真が主体の場合はフォト・ジャーナリズムphoto journalismというが,両者の厳密な区別はされていない。また普通,英語国で《ライフ》や《ルック》などの類をさしていうことばはフォト・ジャーナリズムあるいはピクトリアル・ジャーナリズムpictorial journalismなどであり,グラフ・ジャーナリズムという語は用いられない。…

【ザロモン】より

…ベルリン生れの写真家。1920年代を通じて写真の大量印刷が世界的規模で一般化するが,とくにドイツでは《ベルリーナー・イラストリールテ・ツァイトゥング》をはじめ写真グラフ雑誌が隆盛で,フォトジャーナリズム(グラフ・ジャーナリズム)が社会的に重要な大衆メディアとして確立していた。ザロモンは,小型カメラを隠し持ち,当時,撮影が禁止されていた重要な国際会議場や法廷に現れ,数々の写真をものにしてジャーナリズムをにぎわした。…

【ジャーナリズム】より

…映画との交流のなかで記録文学はいっそう多彩となり,ドキュメンタリーの手法が現代芸術の特性としてすぐれた作品群を生みつづけている。 なかでも重要なのは,フォト・ジャーナリズムと略称されることの多い写真による報道批評活動である。一瞬の表情や情景を永遠にむけて定位する写真の特性は,すでに19世紀後半から歴史家や批評家たちに注目されていたが,第1次大戦前後から前衛的な芸術家たちが光と影の生みだす一見抽象的な画像の印象を追いもとめたとき,逆に人物の表情をとらえて深層の性格までを感じとらせるような即物性への注目が写真を現代に不可欠な表現手段とさせていった。…

【スミス】より

…カンザス州のウィチタ生れ。18歳で《ニューズ・ウィーク》,19歳で《ライフ》のスタッフとなったスミスは,以後一貫してフォト・ジャーナリズム(グラフ・ジャーナリズム)の世界を歩んだ。彼の求道的・理想主義的なヒューマニズムはグラフ雑誌編集者との衝突も生んだが,数々の人間愛に満ちた傑作を生みだした。…

【ライフ】より

…週刊誌《タイム》を創刊したルースHenry R.Luce(1898‐1967)が写真の時代の到来を見越して,1936年に創刊したアメリカの週刊雑誌。フォト・ジャーナリズムの雑誌として,アメリカの雑誌界に君臨し,ロバート・キャパのような,すぐれたフォト・ジャーナリストを数多く世に送り出した。しかし,テレビの時代が訪れると,他のマス・マガジンとともに広告収入をテレビに奪われ,予約購読者への郵送費の値上げも一因となって,72年ついに廃刊を余儀なくされた。…

※「フォト・ジャーナリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フォト・ジャーナリズムの関連キーワードスミス(William Eugene Smith)9.11以後のドキュメンタリーグラフ・ジャーナリズムグラフ・ジャーナリズムアドリース ラティーフカルチエ・ブレッソンフォトジャーナリズムエーリヒ ザロモンアンリ ブレッソンアンソニー スオウバーク・ホワイト吉田ルイ子ザロモン報道写真サルガドライカハインライフスミスキャパ

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォト・ジャーナリズムの関連情報