フォレガンドロス島(読み)フォレガンドロストウ

デジタル大辞泉の解説

フォレガンドロス‐とう〔‐タウ〕【フォレガンドロス島】

FolegandrosΦολέγανδρος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島の南西部に位置する。初めにドリス人が定住し、後にアテネに支配された。13世紀初頭にベネチア共和国、16世紀半ばにオスマン帝国に征服され、19世紀にギリシャ領となった。中心地ホラは高さ200メートルもの断崖の上に広がり、伝統的な白壁の家々が並ぶ。また、エーゲ海の島々の中でも屈指の透明度を誇る海岸があることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android