屈指(読み)くっし

精選版 日本国語大辞典「屈指」の解説

くっ‐し【屈指】

〘名〙
① (━する) 指を曲げること。指を折って数えること。また、すぐれたものを数え上げること。
※七新薬(1862)五「夫れ殺虫の品、今古を通すれば其数実に屈指に堪へず」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二〇「吾れ日に屈指(クッシ)して子の帰国を待つこと已に久し」 〔魏志‐張郃伝〕
② (形動) 多数の中で、特に指を折って数えあげる価値があるほどすぐれていること。また、そのさま。指折り。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「此館は府中屈指の大建築にて」 〔李羣玉‐送魏珪覲省詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「屈指」の解説

くっ‐し【屈指】

《指を折って数えるから》多くの中で、特に数え上げるに値するほどすぐれていること。指折り。「国内屈指の強豪チーム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android