コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

屈指 クッシ

デジタル大辞泉の解説

くっ‐し【屈指】

《指を折って数える意から》多くの中で、特に数え上げるに値するほどすぐれていること。指折り。「国内屈指の強豪チーム」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くっし【屈指】

( 名 ) スル
多くの中から特に指を折って数えあげられるほどにすぐれていること。指折り。 「業界-のやり手」
指を曲げること。指を折って数えること。 「吾れ日に-して子の帰国を待つこと已に久し/花柳春話 純一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

屈指の関連キーワードベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 「熱情」/piano soloSaint Patrick Streeオックスフォードストリート母島ウエントロ海域公園地区マサチューセッツ工科大学母島椰子浜海域公園地区ギブソンステップスザンクトアントンクールマイヨールクラニスカゴラブドバリビエラポルトロージュワルネミュンデエニスケリーサニービーチ聖オノス教会カンネーの戦南知多[町]アヌシー湖カバイヨン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

屈指の関連情報