白壁(読み)シラカベ

  • しろかべ
  • はくへき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 白い漆喰(しっくい)で塗った壁。または、その家。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)二「諸木茂りて三階蔵の白壁(シラカベ)夕日移ろひ」
② 豆腐の異称。
※大乗院寺社雑事記‐長祿元年(1457)一一月一六日「新供目代方より瓶子一双、麺一折、白壁一合、蜜柑一折送上了」
③ (①の色のようにまっ白く塗るところから) 厚化粧。また、厚化粧をした人。娼妓などをさしていう。白首(しろくび)
※雑俳・笠付類題集(1834)「べったりと・土くさうする白かべじゃ」
④ 白米。白米の飯。
※浄瑠璃・壇浦兜軍記(1732)四「いはれぬ数寄屋の壁ぬろより、昼めしの白壁こぼったが百貫ましと」
〘名〙 白い漆喰(しっくい)で塗った壁。しらかべ。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉春「白壁(シロカベ)をカンパスに為て」
〘名〙
① 白色のかべ。しらかべ。〔日葡辞書(1603‐04)〕 〔范成大‐楓橋詩〕
② 「とうふ(豆腐)」の異称。〔易林本節用集(1597)〕
[補注]②について、「文明本節用集」には「白璧 ハクヘキ 豆腐異名 其色㒵如璧玉故云爾」とあり「璧」の字が用いられている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白壁の関連情報